クリエイター鼎談
プロジェクト仕掛け人による本音のクロストーク!(全5回連載)
本作の脚本・演出家にして、発案者の一人でもある西川大貴。もう一人の発案者である、シーエイティプロデュースの取締役プロデューサー、江口剛史。そして江口から託され、今作でプロデューサー・デビューを果たす七字紗衣。『(愛おしき)ボクの時代』のキーパーソン3人が、企画意図から日本演劇界への熱い思いまで、ディープに語り尽くします!
聞き手・構成/町田麻子
19.10.07掲載
【Vol.1】すべては焼き鳥屋から始まった
記事を読む